タワーサーバーコンピューターの進化

###Site Name###

本記事では、中小規模人員をささえるサーバーコンピューターの方向性について記載します。
数年前まで、サーバーコンピューター単独のスペックには不足がありました。


そのため、ある程度の予算を組み、複数台のサーバーコンピューターを用意する必要がありました。

各サーバーは、ラックマウントサーバー型にするか、タワーサーバー型にするか迷いがありました。

設置スペースを考慮するとラックマウントサーバーの選択です。

しかし、シャーシー容量の小さいラックマウント型は、発熱を抑えるため小型ファンを高回転で回し、騒音元となっていました。

最近話題のお問い合わせ | パソコン教室の比較検索サイト スクールナビの情報ならお任せください。

この問題を解決するには、シャシー容量の大きいタワーサーバーが適していました。


残念な点は、複数台の設置に、広い場所が必要でした。

このサイトでパソコン教室 口コミの情報を手に入れてみませんか?

また、耐障害性を担保するHAを構成するには、配線が複雑となる問題がありました。
これらの問題を一挙に解決するタワーサーバーが近年発売されています。

タワーサーバー単独でデータセンターとしての機能をフルセットで持っているコンピューターです。



タワーサーバー内にCPUユニットを複数装着できます。その他、多数のストレージユニット、LANスイッチの装着がされています。

各ユニットは冗長化されタワー型シャーシー単独でHAが可能です。
性能面では、近年のCPUは1ソケットで10コア以上あります。

トータル性能はシャーシーにはめ込むユニットの種類と台数で決まります。

仮想化OSをインストールすることにより、多数の仮想サーバーを動作できます。
1台の購入によりすべての処理能力があるスーパーマシンの登場です。